入札と刀の楽しみ方

貴方は日本刀の購入にはオークションサイトを利用しますか、それとも刀剣専門店で買いますか。何れにしても最初の一振りは新々刀で在銘の確かな物(保存刀剣鑑定書付)を選ぶのが良いでしょう。20万円以内で落札(それ以上は意図的に吊り上げられます)したら、その刀工の系統や作風、そして時代背景なども調べて勉強しましょう。在銘のもので保存刀剣鑑定書が無いものはほぼ銘は不良です。また、この鑑定書は無傷無欠点や錆びが無い等を保証するものではありません。
netオークションのリスクとして「保存刀剣鑑定書」がない場合、1,刃切れの保証がない、2,銘文のあるものは銘の信頼性がない等が挙げられます。他に銃砲刀剣類登録証の保証もありません。大きな期待をせずこんな物かと言うぐらいの気持ちで、初心者は充分注意して入札しましょう。決して深追いをしてはいけません。業者の罠に嵌ります。
刀を楽しむには色々あるでしょうが、全てに優先されるものは、「美しい」ということで、基本は刀身を鑑賞することです。研ぎの状態が悪かったり錆びているものは鑑賞に値しません。
姿を見て作られた時代に思いを馳せたり、地鉄の鍛え肌の妙に感じ入ったり、刃紋を見ては匠の絶妙な焼き入れの技に感嘆することでしょう。しかし、この様な刀はオークションで探すのは難しいでしょう。
刀好きの人は種々講釈を垂れ、知識をひけらかすような人がいますが、また反対に、中には幾振りも鑑賞しているうちに、鑑賞は静的なものであるために飽きが来てしまうと云う人もいるでしょう。試し斬りをやっても初めは良いが、やがて空しくなるだけです。
小生も些か刀剣鑑賞には飽きが来ていますが、でも刀は好きですし、手放すつもりはありません。何故でしょうか.....それは、小生には侍の血が流れているからです。
もう一つの楽しみ方は、打刀拵と云う外装です。こちらの方は二尺三寸以下の打刀はリーズナブルな価格で購入できるものがあり、これを刀掛けに飾ると結構見映えがしますし、飽きは来ません。また、軍装マニアだけでなく、一般の刀好きの人の中にも、鑑賞の対象にはならないような刀身の軍刀でも、軍刀拵に入った物であれば好きな人はいます。軍刀拵えは人気があります。何と云っても実戦で使っていたものであり、小生も軍刀好きな一人です。居合いを行う人は、刀の重量や長さの要求があるので、時代の刀で探すのは難しい事もあるので、初心者が好む現代刀を注文して誂える場合がありますが、中古で居合用に誂えた現代刀は割安なので狙い目です。試し斬り用の刀は一般的に安価な物で賄いますが、大体が既に試し斬りに供され曲がった経緯のあるものが殆どです。また、鍔などの刀装具も見て楽しいですね。僅か10cmに満たない円形の中に、様々な金属や技法を用いて描き出す意匠には驚きと感動があります。この鍔も人気があり、コレクションとしている人も結構います。

日々是々非々真贋無用に非ず

令和元年6月15日
本日の鑑賞刀は無銘の脇差し、大和守吉道と極めがあります。
長さは一尺五寸五分、反り四分あり。身幅が一寸二分ある大鋒の姿に、樋先が下がりハバキ上で丸止めとなる樋を掻いており、時代を寛文乃至延宝頃と首肯しうるものです。
この鋒が大きく延びた豪壮な造込みの特徴ある脇差しは、この期にまま見られるものです。
細かく微塵に詰んだ地鉄はチリチリとした小杢目が沈み破綻のない美しさを見せ、刃紋は小湾れに大互の目を交え、処々叢沸が付き地に黒く零れるものです。
大坂焼出しの上は大きく乱れ、横手下では小湾れとなり、帽子は直ぐに丸く返り、返りは深く棟焼きへと繋がります。
中心は生ぶ一穴、筋違のやすりで、棟は丸く、尻は浅い栗尻となります。恐らく、名のある武士の注文に依る入念作であろうと思われますが、無銘であるところから、影となったものと推測されるものです。
初代大和守吉道は、京初代の丹波守吉道の次男が大坂初代の丹波守吉道となり、その初代大坂丹波の次男で名門三品の一族です。彼の作柄は、身幅広く重ねの厚いしっかりとしたものが多く、小杢目が詰んで細かな地沸が付き、匂出来の丁子刃を焼き小沸が付くものがあります。

平成31年4月25日
刀を趣味にして飽きないで居るには、雰囲気を楽しむのが良いような気がしている昨今です。
刀の会に入会して、一生懸命に勉強し、名刀を拝見させて頂いていれば、良い刀とはどの様なものかを知ることが出来ます。
しかし、現実的には、その様な刀を購入することは経済的に難しいのが実情ではないでしょうか。
購入可能なリーズナブルな刀と言えば、鑑賞するほどのものではない様なものが多々ありますが、そこそこの拵えが付いていれば、刀掛けに掛け、時折、手入れと言うか、只、磨いていればそれだけで満足出来るのです。

平成31年4月23日
火縄銃を掛ける鉄砲掛けがあるのですが、これは5挺掛けのもので、引き出しが2個付いた大がかりのしっかりしたものです。
処が肝心の火縄銃が無くなり、幾久しく経っているので、今では只の邪魔者となっています。
そこで、これを刀掛けにしてしまおうと算段しました。所謂、太刀掛けと同じ掛け方にする事です。兜金を受ける5連の凹みを持った板を作り、カシュウを塗っています。九八式軍刀を並べたら恰好良いでしょう。

平成31年4月4日
最近買ったリーズナブルな刀があります。
刀身は鑑賞するに値しないものですが、附属の外装が少し良かった。縁・頭の金具は四分一で、川と岩と松が画題のようですが、意味は分かりません。
鍔は無紋の碁石型のものです。恐らく、刀屋か誰かが入れ替えたであろうと思いますが、厚みがオーバーして目釘がしっかりと入って居ませんでした。
鍔は単品で売れそうと思えば、刀屋はセンスのない鍔と入れ替えてしまうことがあるようです。この刀もその様な事情があったのでしょう。
処が、これに合う打って付けの鍔を持っていたのです。以前に行った市場で、4個纏めて8,000円で買ったものがあり、その中の一つに川と岩に座った人物と松の構図の鍔があったのす。早速、この鍔と交換してみると、これがまた良いのです。
高価な刀ではないのですが、こうした拵えに見所が出来ると、俄然、その刀に対する愛着が湧いてきます。刀にはこうした楽しみ方もあるのです。

学ぶのすすめ

最近の刀剣購入者は、昔の刀愛好家に比べ勉強しなくなったと言って嘆いているいる刀剣商がいます。大銘でなくても出来の良い刀が有るのに分からない連中だと。
インターネットの普及の影響があるのでしょう、刀剣書籍を買って読むことをしないようです。今はネットで簡単に調べることが出来ますが基本が身に付くのか甚だ疑問です。
刀剣書籍の購入なら、多くの関係書籍を置いてある所が刀剣博物館です。ここでは多くの名刀も見ることが出来ます。
また、刀の勉強をしようとするなら刀剣の会に入り鑑定会に参加するのが一番ですが、刀剣美術誌上鑑定に挑戦は初心者の勉強に成るページです。