海軍太刀拵旧大日本帝国の制式軍刀拵え

拵の説明:鍔は銅無地、切羽は八枚、刀緒付き(将官・佐官・尉官とも同じ)。
刀身は(銘)尾州住国泰鍛之、刃長が67.0cm(二尺二寸強)、反りは1.1cm(三分六厘)、元幅34.0mmの反りの浅い豪刀が収まります。本来二個ある佩環の内一つ欠落していますが鮫革巻鞘が美しい拵えです。
また、陸軍の軍刀柄巻きは諸捻り巻ですが、海軍の場合は平巻にすると云う処も面白いですね。

海軍太刀拵表1海軍太刀拵表2海軍太刀拵表3海軍太刀拵裏1海軍太刀拵裏2海軍太刀拵裏3海軍太刀拵の鍔画像をクリック

この海軍太刀拵はこれでも状態は良い方でしょう。不思議なことに、この鮫鞘には陸軍の野戦用の革袋で覆われていました。そのために、佩環が一つになってしまったようです。