三式軍刀拵旧大日本帝国の制式軍刀拵え

拵の説明:陸軍三式軍刀拵です。昭和一八年制定とされる最後の軍刀で、九八式より改良された点が多く外観的にも大きく変わっています。
九四式・九八式は太刀拵となっていますが、三式は刀拵です。大きな違いは、目釘孔が二個となり、第一目釘はネジ式となっています。柄は一貫巻きになりました。また、駐爪は鯉口側でもロックを解除できるようになっています。さらに、鯉口からの防塵のために、切羽は鯉口を覆うものが付きます。
刀身は(銘)長光、刃長が66.6cm(二尺二寸弱)、反りは1.7cm(五分六厘)、の刀が収まっています。

後期型三式軍刀拵え表後期型三式軍刀拵え裏 鍔と切羽<画像をクリック

本拵は、保存がよく頗る良好な状態の拵えです。この三式軍刀も恐らく戦場には行ってないと思われます。柄巻は漆で塗り固められていて、鞘は木製です。
三式は九八式より5年後になりますが、その間戦況は大きく変わってしまったようで、三式は、各金具のが質素になるのと同時に金型の精度も悪くなっています。
また、第一目釘孔はネジ式になっていますが、多くの場合、現存する三式軍刀拵はネジ目釘が脱落しており、変わりに竹目釘を入れています。ネジ式にしたのは、恐らく、鯉口を防塵するための切羽仕様とするため、柄と鍔でガタつきが無いようにしたものではないかと想像します。
九四式、九八式は太刀拵でしたが、三式は刀拵です。柄を一貫巻きにした刀は斬り込み用の拵えで、弾が尽きたら刀で斬り込むことを想定しているのでしょうか。敵の弾が飛び交う中に刀で斬り込んでいくなんてことでしたら、零戦の特攻と同じ様な発想ですね。