略式九八式軍刀拵 末期型旧大日本帝国の制式軍刀拵え

拵の説明:陸軍略式九八式軍刀拵です。末期の略式九八式軍刀は、鞘が木製で革袋で覆っています。勿論、石突金物や責金物などはありません。
佩環の付け方は様々ありますが、これは革バンドに小型の佩環を付けています。駐爪はなくホックで留める方法ですが、柄側から鍔の孔を通して鞘に留めるわけですが、柄側は脱落しており、鞘の革袋に受け側が残っています。

末期型略式九八式軍刀拵え表末期型略式九八式軍刀拵え裏 鍔と切羽<画像をクリック

戦争末期となると物資の不足から、軍刀さえもまともに作れない状況であったのが悲しいですね。こうした軍刀持って出征する者の気持ちは如何許りか。