越水盛俊の刀陸軍受命刀匠

解説
初代越水盛俊は、幕末の名工青龍軒盛俊の名跡を継いだ刀工で、二代青龍軒盛俊の弟子です。本作の盛俊は二代越水盛俊で、初代青龍軒盛俊からは四代目となります。

中心銘(表)堀井俊秀中心銘(裏)昭和九甲戌八月吉日越水盛俊・刃紋画像をクリック
  • 詳細データ
  • 銘文 芸州住盛俊作昭和十一年八月日
  •  広島
  • 刃紋 直刃 小足よく入る
  • 地鉄 小板目肌
  • 刃長 67.3cm(二尺二寸二分)
  • 反り 2.0cm(六分七厘弱)
  • ※刃長・反りの寸法は、銃砲刀剣類登録証に基づくものです。

越水盛俊について情報をお持ちの方は投稿をお願い致します。

投稿記事

投稿はありません。