堀井俊秀の刀陸軍受命刀匠

解説
この刀の刃文は湾れを焼き、刃縁は綾杉がかるところを見せて相州気質が見てとれ、紛れもなく相州上工を狙った作品です。
昭和の前期を代表する名工です。

中心銘(表)堀井俊秀中心銘(裏)昭和九甲戌八月吉日堀井俊秀・刃紋画像をクリック
  • 詳細データ
  • 銘文 堀井俊秀昭和九甲戌八月吉日
  •  北海道
  • 刃紋 湾れに小互の目交じる
  • 地鉄 小板目肌
  • 刃長 70.9cm(二尺三寸四分)
  • 反り 2.1cm(六分九厘)
  • ※刃長・反りの寸法は、銃砲刀剣類登録証に基づくものです。

堀井俊秀について情報をお持ちの方は投稿をお願い致します。

投稿記事

投稿はありません。