小谷靖憲の刀陸軍受命刀匠

解説
本名を小谷憲三と云い明治四十二年広島県呉市の生まれ、日本刀鍛錬会に入り靖徳に鍛刀の業を学ぶ。
師匠の靖徳とともに名をヤスノリと云うので、これを区別するために靖憲をヤスケンと呼称しています。
また、昭和十三年から自宅に日本刀鍛錬所を設け、そこで作刀したものには「武憲」と銘を切っています。
武憲と銘を切った中心

中心銘(表)靖憲中心銘(裏)昭和十一年三月吉日小谷靖憲・刃紋画像をクリック
  • 詳細データ
  • 銘文 靖憲昭和十一年三月吉日
  •  広島
  • 刃紋 直刃に小乱れ交じる
  • 地鉄 小板目肌
  • 刃長 68.1cm(二尺二寸四分七厘)
  • 反り 1.5cm(四分九厘)
  • ※刃長・反りの寸法は、銃砲刀剣類登録証に基づくものです。

小谷靖憲について情報をお持ちの方は投稿をお願い致します。

投稿記事

投稿はありません。