勝村正勝の刀陸軍受命刀匠

軍刀と言ってもその種類は多く、陸軍受命刀匠や、海軍受命刀匠の作刀以外にもあり、特に関では多くの刀工によって軍刀が作られました。また中国大陸では南満州鉄道株式会社が興亜一心銘の満鉄刀を大量生産したり、大東亜戦争末期頃にはスプリング刀と云われるスプリングの材料で作り焼き入れを施した見かけ上は日本刀と変わらない軍刀なども製造されました。
(スプリング刀・興亜一心刀等は古来の伝統的な日本刀製作方法と異なり、美術品と認可されないため現在では登録出来ません)
本画像の勝村正勝の刀身は陸軍造兵廠に納入し検査に合格した陸軍制式軍刀です。その証として中心の銘の上には☆(星)の刻印、中心尻には番号刻印が入っています。

勝村正勝の銘文勝村正勝の裏年紀勝村正勝の刀身刃紋画像をクリック
  • 詳細データ
  • 銘文 水戸 勝村正勝作昭和二十年四月日
  •  茨城県
  • 刃紋 直刃
  • 地鉄 小板目に柾肌交じる
  • 刃長 662mm(二尺一寸八分)
  • 反り 15mm(四分九厘)
  • ※刃長・反りの寸法は、銃砲刀剣類登録証に基づくものです。

勝村正勝について情報をお持ちの方は投稿をお願い致します。

投稿記事

投稿はありません。