オークションで甲冑が買えます

2017.10.15
ここの処、掛け持ちでホームページの改造を脇目も振らずに行っていたので余裕が無く他事にかまけていました。
ホームページには完成とか完了はなく絶えず工事の連続です。趣味で行っている分には構いませんが、商売でのホームページの運用となれば、それは大変なものです。検索キーワードで上位表示させるための努力は尽きないものです。話は変わりますが、前に古裂會の本社売却の話をしましたが、昨日、古裂會よりカタログ無料プレゼントの案内状が届きました。
早速、カタログ希望とメールをいれました。
今回はカタログの表紙に兜の写真を載せてあるので、甲冑が多く掲載されているのでしょうか楽しみです。
古裂會カタログ甲冑と言えば、我が家にも当世具足が一両あります。しかし、甲冑と云う物は厄介で、専用のスペースがあれば問題はないのですが、これを飾るとなると場所を取り、また、日差しが入ると縫い糸の色あせになるので、暗くして置かないといけないとか、しまっておくにしても鎧櫃は大きく重量があり蔵が欲しくなりますし、兎角一般の家庭では邪魔者となります。古い甲冑は状態の良い物は少なく、欠落した部品はブリキの様な物で繕ってあたりしていますが、甲冑での最大のポイントは兜でしょうね。三十二間とか六十四間星兜には価値があるようで、兜だけなら玄関にも飾れます。