老猫は何時も寝ている

2018.4.13当家の猫。
名前は「コロ」♀、避妊手術を済ませています。
元は野良、当家に来てかれこれ15年位は経つでしょうか、かなりの高齢になりました。 体力が相当落ちているのでしょう、後ろ足でジャンプする事が出来ません。
高さが40cmの椅子の上に乗る時も、両前足の爪を立て椅子にしがみつき、後ろ足は何度も足踏みをして勢いをつけているかの様ですが、結局はジャンプ出来ずに両腕を使って這い上がります。
以前は、椅子に座っている私の膝に飛び乗って来ましたが、今では脛に爪を立て這い上がろうとするのでたまりません。 そんな姿を見ていると、もう先は長くはないんだろなと思う今日この頃なので写真を撮ってみました。 庭石の上で寝ています。兎に角何処でもよく寝ています。
4月14日、今日の新聞の読書コーナーで紹介していた中にありました。
ネコは小さくても百獣の王ライオンと同じ遺伝子を受け継ぐらしい。「猫はこうして地球を征服した」(アビゲイル・タッカー著、西田美緒子訳)と云う本に興味が湧いてきました。
最終更新日2018.4.14