• TOP
  • 日本刀は値段で所持や売却を考えます

日本刀の相場はこうだ!

標準的な一振の値段は?
刀と言うものは、既にランク付けが出来ていて変わる事はありません。最上作・上々作・上作・中上作等、また、大業物・業物等と云ったランクです。これで刀の価値は決まっているのです。身近なところで見ると、在銘で日本美術刀剣保存協会の「特別保存刀剣鑑定書」が付いた新刀で並出来の中上作、生ぶ中心で、刃紋は乱れ刃、白鞘入り、この場合の相場は40万円位でしょう。勿論、傷欠点があればこれより下がって行きます。刀の長さは二尺三寸が基準で、短くなると値段は下がっていきます。二尺一寸を切ると脇差並の半値位に下がります。刃紋が直刃ですと半値になります。中心(なかご)に手を加えていれば(区送り、磨上げ等)半値になります。鑑定書は保存刀剣鑑定書に下がれば半値、他の鑑定書や認定書、また無ければ更に半値です。業者は保存刀剣鑑定書以上を重視しています。他の鑑定書で正真と謳っていても、日本美術刀剣保存協会の審査でNGになれば結局はダメなのです。しかし、業者は鑑定書が付いていますと言いって売ります。その刀は、保存刀剣を保証してくれますか?刃こぼれ・錆び・鍛え傷があると激安。刃切れのある刀は殆ど価値がありません。
研ぎ師に研磨を依頼しても、研ぎ代にもならない場合が多くあります。
刀は一振り一振りが手作りです。同じ物はありはません。同一作者であっても、その出来具合に違いがあります。傑作であったり、また、凡作であったりと、ですから、同じ作者だからと言って値段が同じと言うことにはなりません。

買取価格は?
一般の家庭で刀が見つかると、きっとこの刀は価値のあるものに違いない、100万円はするだろう、などと思うことでしょうが実はそれは幻想に過ぎません。気になる刀剣業者の買い取り価格ですが、業者により違いはありますが、最近の買取価格は、購入価格の三分の一程度です。
身銭を切って買った刀は、目の黒いうちは売れませんね。結局は、家族に遺品整理で安く売却されてしまうのが一般的です。
刀の趣味は一代限りと、肝に銘ずるべきです。
在銘で特別重要刀剣指定以上になっている超高額な刀剣は、購入者が限られているため、価格変動はあまりありません。
名刀と言われる刀が、一般家庭に有るはずがないのです。
現実的には、一般家庭から出てくる刀の多くは大した物は殆どなく、安い値段になるのです。居合いの稽古に使っていた刀などは、数万円でしか業者は買い取りません。
無銘や保存刀剣鑑定書以外の鑑定書付の刀の場合は、拵えが無ければ、状態が良くても10万円以下位でしょう。
脇差に至っては、保存刀剣鑑定書付で6・7万円、鑑定書がなければ3万円以下でしょう。位列の低い刀は拵え(外装)が付いて無ければ買う人がいないのです。
相場とは実売価格ではありません。業者は、不要と思われる様な物を販売する訳であり、それなりに掛け値の比率は高くなります。当然、買取は業者間取引の相場より低くなるのです。
買取は販売価格の3分の1程度と思うのが無難なところです。

トピックス

2019.9.7
新刀・新々刀の無銘作は「寿命」に極められる
新刀・新々刀の無銘作を保存刀剣審査に出すと「寿命」に極められるものが多い。寿命は古刀期から新々刀期まで居るので誠に都合がよいのでしょう。基本的に刃紋に互の目や尖り刃などがあり、美濃風と見なされ位の上がらないものは即「寿命」と成ってしまいます。また、地鉄が肌立っているものは、美濃の関から各地に移住した刀工に入れられ、越前関や志賀関・鞍馬関などに入れられます。無銘刀に関しては、昔の丸特(特別貴重刀剣認定書)の方が味のある鑑定でよかった。心慶胤光の丸特が、寿命の保存になってしまった。弥門直勝の丸特がありますが、これとて寿命に極められてしまうと思うと、保存刀剣の審査には出したくないです。

2019.3.3
保存刀剣の審査に合格しない?
1.無銘の刀で、古い特別貴重刀剣認定書が付いているものを保存刀剣審査に出す場合、申請時にこの旧証書がある事を申請書に記入すると、旧証書を基に審査するので不合格となる場合があります。証書が無ければ、無銘の刀として審査され合格することになります。
また、在銘の刀で特別貴重刀剣認定書が付いたもの中には、保存刀剣審査で不合格になる刀剣もあります。2.朱銘・金粉銘のある刀は、その朱銘・金粉銘を基に審査をするので、審査では銘に不同意と言うことで不合格となる場合があります。疑わしい朱銘・金粉銘の場合は、朱銘・金粉銘が判読出来ないように消すのが望ましいです。判読不明となれば無銘の刀として審査をします。
但し、朱銘・金粉銘を消しても、その部分が変色し痕跡として判読できると、無銘扱いにはなりません。

2019.3.2
軍刀の買取り値段は何故安いのでしょうか?
現在、刀は美術品として評価されています。古来からも同じように扱われてきました。
昭和の戦争に突入すると急に軍刀の需要が高まります。刀工数が少ない状況から、野鍛冶も刀鍛冶に転向して作刀したわけです。製作に忙しかったことから、丁寧に作って居られない状況もあった事でしょう。折返し鍛錬が不十分なものや、鍛錬していない素延べの鉄で作ったものなどがありました。このような事情から軍刀に対する評価は低いことになるのです。刀剣愛好家から見ると、軍刀は鉄棒と言った感じでしょうね。
また、軍刀外装に江戸時代以前の刀が収まっている物がありますが、その刀身は美術的価値のないものが大多数で、所詮、消耗品ですから良い物は入れてないのが実情です。