• TOP
  • 打刀拵

打刀拵

居合刀拵

近年では、拵えが無く白鞘だけの刀は売れ行きが悪いと見え、お店にある刀は殆どの物に拵えが付いています。
元々拵えと刀身が一体の刀は少なく、いきなり、巷間に溢れる訳がありません。これは、既存の白鞘だけの刀に、どこからか合いそうな拵えを持ってきて、合わせ込む方法です。鞘は合っても柄の目釘孔が合わないものもあり、柄だけを作り直すことがあります。
合わせた柄は、縦方向に振ってしっかりした感触があっても、鋒を横に振ると柄の内部でガタガタするものがありますから注意が必要です。
また、居合や試し斬りで使うためには目釘が大切です。特に柄に目釘孔の位置や緩みのないものが必要ですから、お店でその辺を確認してから購入すべきです。

居合刀拵裏側面居合刀拵表側面画像をクリック

木の実散らし石目塗り鞘拵

日本刀の刀装には、太刀拵・半太刀拵・打刀拵・合口拵など様々な様式があります。鞘にも色々な塗りがあり目を引かれるものがありますが、刀装には、その機能及び装飾を兼ね備えた頭・縁・目貫・鐺・小柄・笄・鍔などの意匠を凝らした金具を用いており、豪華さや美しさを際立たせ美術的価値を高めています。