初めて日本刀を買うにはどうしたらいいか

寄稿:katanadachi

初めて刀を買おう思っている方はお読みください。
刀と云う物は値段があって無いようなものだとよく云われますが、まあ、その通りでしょう。売り急げば安く、買い急げば値は上がる傾向にあり、そこは需要と供給のバランスで成り立っているわけです。
刀を買う場合は、何を措いても真贋の見極めが出来なくてはいけません。また、疵や研ぎの見方も疎かに出来ません。ですが、初めて刀を買う人に、その様な事を言っても無理でしょうから、安全に買うための先人のアドバイスがあります。
一 刀は刀屋から買うに限る。これが刀買い第一則です。
しかし、刀剣商の中にも色々な人物が居ますから、刀を鑑定するより、刀屋を鑑定しなければならないのも事実です。刀屋にも真面目な人物もいますから、刀剣会などに入って先輩などの紹介を得るなどして、刀屋の言うことを信頼して刀を買うべきでしょう。刀に疵があればあると言い、研ぎが悪ければ悪いと言います。
質の悪い刀屋は、買い手の顔色を盗み見したり、気になる箇所があれば、そこから目を逸らすように仕向たり、また、散々褒め上げ否応なしに買わせるのです。また、購入後に問題が発覚しても「おめがねで買って頂いたものですから」の一点張りで取り合いません。地方回りの刀屋にも注意が必要です。
また、近年ではインターネットオークションが盛んですが、現物確認も出来ず、返品不可とは危険極まりないものです。

二 馬鹿安物は買わない。
「安かろう悪かろう」の言葉は知っているでしょう。馬鹿安物は偽物か疵物に決まっているのです。しかし、素人目にはちょっと判らないのです。以前は、位の低い物には偽物は殆ど無いものでしたが、近年ではそうとは言い切れなくなってきましたから油断がなりません。

三 錆び刀は買わない。
素人は錆びた刀は買わないことです。一部分が錆びたものにも、大抵は疵の出るものです。

四 折り紙を当てにして買わない。
折り紙と刀が一致しないものがあるのです。折り紙は本物ですが、その折り紙だけが残って刀は他へ行ってしまった場合、その折り紙に似合うような刀を取り合わせるものですから、つい目が眩んでしまうことになります。

最後に注意して頂く事は、正直な刀屋でも鑑識の無い刀屋ではダメです。また、売買の際は、好者顔をしてはいけません。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。