山城国 三条宗近
三条吉家
五条兼永
五条国永
綾小路定利

粟田口久国
粟田口則国
粟田口国綱
粟田口国吉
粟田口吉光

来国行
二字国俊
来国俊
了戒

来国俊
来国光
来国次
来国長
光包

来国俊
来国光
延寿派

了戒
来国長
信国

了戒
筑紫了戒
信国
筑紫信国

長谷部国重
長谷部国信

平安城長吉
村正

平安城長吉・信国後代
三条吉則・鞍馬吉次

達磨重光・正光
蜂屋兼貞
大和国 千手院行信
千手院重弘
千手院義弘

当麻国行
尻懸則長
竜門延吉

手掻包永
手掻包清
志津包氏

保昌貞宗
保昌貞清
保昌貞興

金房正実
金房正真
金房政次
相模国 備前三郎国宗
新藤五国光
新藤五国広

助真
助貞
助綱

新藤五国光
行光
正宗

貞宗
広光

貞宗
信国

広光
秋広

貞宗
広光
秋広
高木貞宗

吉広
正広
広次
広正
助広

綱広
総宗
康春
末相州物
若州冬広
美濃国 金重
金行

志津兼氏
直江兼次
直江兼友
直江兼信

兼基
兼元
之定
兼定
兼常

兼吉
兼国
兼常
兼房
兼延
関物

氏房
氏貞
氏信
大道
備前国 友成
正恒
高平
助平
包平
古備前

一文字
則宗
助宗
助則
成宗
古一文字

福岡一文字
鎌倉一文字助真
吉岡一文字助吉
片山一文字則房
正中一文字吉氏
各一文字

長船光忠
畠田守家
長船光忠
長船長光
長船景秀

長船景光
長船景政
長船兼光

長光
景光
景政
真長
近景

兼光
義光
政光
倫光
基光
義景

近景
元重
重貞

長義
兼長
長重
長守

鵜飼雲生
鵜飼雲次
鵜飼雲重
長船元重
長船義景
長船師光
大宮盛重
大宮盛景
大宮師景

吉井景則
吉井清則
吉井吉則
吉井永則

康光
盛光
利光
師光
応永備前

家助
経家
家光
利光

永享則光
永享祐光
永享法光
永享助光
永享備前

勝光
宗光
忠光
清光
治光
祐定
備中国 古青江安次・恒次
古青江正恒・康次
古青江次家・貞次
片山一文字則房

中青江次吉
中青江次直
中青江延次
中青江物

末青江秀次
末青江次家
末青江長次
末青江物

片山一文字
福岡一文字
吉岡一文字
備後国 古三原正家
古三原正広

中三原正広
中三原正清
中三原正宗

末三原正広
末三原正興
末三原正近

末三原物
貝三原物
法華一乗

法華一乗
辰房物
鞆三原物

三原物
二王清綱
北陸道 郷義弘
越中則重
美濃為継

越中則重
加州真景
美濃為継

宇多国光
宇多国宗
宇多物

藤島友重
加州行光
加州信長

加州家次
加州景光
加州清光

秦長義
山村正信
桃川長吉
山陰道 伯耆安綱
大原真守
伯耆有綱

伯州広賀
伯州守広
相州綱広

但州国光
相州貞宗

吉井吉則
吉井盛則
吉井清則

石州直綱
石州貞綱
石州貞行

石州祥末
石州祥貞
石州貞末
西海道 入西
西蓮
実阿


安吉
吉貞
国弘
長州左

大石左資永
平戸左盛広

筑紫了戒
了戒能定・能真

筑紫信国
信国吉助・吉包
延寿国村
延寿国泰
延寿国資
延寿国時
延寿国吉

波平行安
波平安光
波平安行
金剛兵衛盛高
金剛兵衛盛縄

僧定秀
豊後行平

古高田
友行
時行

末高田
実行・貞行
平長盛

初めての日本刀鑑賞入門講座

最近、若い女性の間でも日本刀に感心が高まっているようです。したがって刀剣鑑賞における日本刀の取り扱い方や作法など、鑑賞マナー講座で基礎知識を身に着けることが大切です。 ■刀の勉強を志す方はインターネットでの日本刀オークションから刀の入手は慎重に。 世間には、ボロ刀が溢れていると、解っていてもやりたい。

■先ずは、鑑賞心得日本刀講座で未経験者もマナー講座参加のための予備知識を事前に心得ておくと、より理解が早まります。また、日本刀の名前も覚えましょう。

鑑賞作法日本刀の見方、鑑賞方法を知らないと、単に刀が家にあるだけの事になってしまいます。真に日本刀の美しさを知ることは出来ません。

日本刀の値段を知りたがっている人の殆どは、刀の購入ではなく、売りたいと考えているのでしょう。しかし、一般家庭から出る刀に、大した価値のあるものは無いのが現実です。

銃砲刀剣類登録証の無い刀剣類は所有出来ませんよ。
鑑賞作法日本刀の所持に関する手続先は都道府県の教育委員会です。
登録証の付いている刀剣を所持するための手続については警察ではありません。また、許可も必要ありません。
所有者変更届出後は教育委員会から届出受理の通知は基本的にありません。

改竄された登録証のトラブルもあります。登録証に記載の、長さ・反り等と、銘文の書体やインクの色などが違っている物があります。また、コピーで偽造した物もあるので、登録証はよく確認しましょう。

新着記事

最終更新日2021.01.24 2021.01.24昨日の天気予報では、昨夜から今朝にかけて、東京でも雪が降ると伝えていましたが、今朝起きてみたら、全然、ただの雨でした。自動車のトランクに入れてある長靴を出して、降雪の準備をしていたので、ちょっとガッカリしましたが、でも降らなくてよかったです。こんな事を言っていると、大雪が降ってる地方の方には叱られますね。

最終更新日2021.01.09 2021.01.09このページへ海外からのアクセスが毎日あり嬉しいことですが、ウクライナやバングラディッシュからってどう解釈すればいいのでしょう。海外のサーバーを利用してのアクセスなのでしょうか。だとしたら何か黒い意図があるのでしょうね。

最終更新日2021.01.01 2021.01.01朝から晴天ですが、普段と何も変わらない新年があけました。暇である事には変わりはありませんが、世間の大凡全てが休みなので、気分的に違いがあるだけです。昼間から酒を飲んでいても誰も文句も言わず、変にも思われないですよね。と云うことで、今朝は赤飯にぼた餅、けんちん汁、そしておせちを食べビールを飲んでのスタートです。処で、昨日、買い物にイオンマートへ行きましたが、正月用食料を買う人で賑わい、もう密だらけ、体がぶつからないと移動できない状態した。コロナの感染は大丈夫なのかな、怖いですね心配です。三が日は外出しません。
正月早々、性懲りもなく迷惑メールの二通がきています。

過去のブログ

刀工総覧 13,500余の刀工銘

刀工大鑑 5,000位でしょうか

書き込みフリーの焼け石ページは、誰でも自由な利用の投稿ページです。ブラックな人の投稿も大丈夫です。少々ハードルが高いこともあるでしょうが、為せば成ります。


誌上鑑定に挑戦

ここでは、刀剣美術誌の誌上鑑定を皆で考察してみましょう。
刀の目利きになって不良刀剣業者の口車に乗らないよう、基本をしっかり身に着けましょう。

注意:カタナダチの刀剣鑑定所感は答えではありません。 私はこう観ましたが如何ですか? と問う挑戦者の独り言です。

今月の鑑定刀押形図 (押形図等は刀剣美術誌より転載)

鑑定刀剣押形
鑑定刀法量
刃長二尺〇九分半(63.48cm)
反り七分(2.12cm)
元幅七分三厘(2.2cm)
先幅四分六厘(1.4cm)
元重ね二分 (0.6cm)
先重ね一分三厘(0.4cm)
鋒長さ五分九厘(1.8cm)
茎長さ五寸五分半(16.82cm)
茎反り三厘(0.1cm)
※「茎」は「なかご」と読みます。

1月号

全員参加の刀工名考察コーナー
名前15文字・所感600文字以内 利用規約

名前:

所感:

6月の鑑定所感

2020.6.13

今月号は「興正」と思いますが如何でしょう。


  • 考察・意見・記事など

    氏名:管理人
    2019/10/09 23:10:09
    記事:閑谷学校(しずたにがっこう)

    岡山県にあるこの閑谷学校は、江戸時代の寛文10年に、岡山藩主池田光政によって創建された、岡山藩直営の庶民を教育するための開かれた学校です。

    石垣前の緑地は、当時はお茶畑であったようで、また、木の茂みで隠れていますが、後ろには藩主が通る門があります。
    更に、その後ろに見える小さな建物は、藩主の控えの間であり、庶民が主体の学校であるため華美には作られていません。
    また、この学校の屋根瓦は備前焼で葺かれています。また、学校を取り囲む石垣がとても綺麗であるのと独特な形で、石垣の上部は角が無く丸く仕立てられている所も珍しいです。

    この閑谷学校を訪れたのは2005年の8月で、14年も前の事でした。当時乗っていた自動車はホンダのインスパイヤーで、遙々岡山までドライブに出掛けたわけです。この日、ここに到着したのは午前6時頃と早朝で、閑谷学校や近くの茶店もまだ開いていない状況でしたから、茶店の庭先から学校の写真を撮りました。
    また、裏山に木が生えていない所がありますが、これは、もしもの火災の時、山に延焼しないようにと、当時から伐採してあるようです。
    敷地内は広く、運動会が出来そうな感じです。学問以外にも色々なことが出来たのでしょう、備前焼も作っていたようで、そのためにも火除山にしておく必要があったのでしょう。


    池田光政から閑谷学校の建設を命じられた津田永忠は閑谷に転居しました。閑谷学校に向かって右奥の山道を山中に向かって歩いて行くと、左側にその居を構えた跡があり、今は石垣だけが遺っています。城下から閑谷の山中に越して来たのですから、娯楽も少なく、茶の湯を楽しむぐらいであったのでしょうね。


    永忠は屋敷近くの河原の上に茶室を造り、床下を流れる川の風情を味わいながら茶を楽しんでいたようで、光政も度々ここを訪れたようです。この茶室は再現された物だと思います。建物の前に、高札のようなものがあり、その様な事が書いてあったと曖昧に記憶しています。


    岡山城から閑谷学校までの距離は約40kmあるので、当時の交通事情を考えると、お殿様が閑谷に来るのもそうですが、津田永忠も登城するにはけっこう大変だったでしょうと思います。



    氏名:管理人
    2019/10/31 12:05:43
    記事:乗鞍スカイラインをドライブしました。
    2002年の5月、ゴールデンウィークを利用して行きました。行く前に読んだ雑誌の紹介記事では、5月のゴールデンウィーク中は非常に混雑が激しいとありました。覚悟の上で行きましたが本当に凄まじいものでした。

    早朝、平湯側から入ったのですが、早朝よりの渋滞は聞きしに勝るひどいものです。山頂の駐車場に空きが出来ない限り前に進まないのです。道中のスカイラインは深い霧に覆われています。

    上に登って行くと、霧が沸き上がってくるのと、消えていくの繰り返しで、晴れたと思ったらすぐ真っ白といった具合です。

    霧の晴れ間は絶景が広がり、爽快な気持ちになります。がしかし、渋滞はすごいです。

    この渋滞は山頂から繋がっているので、乗鞍スカイラインは駐車場と化していると言っても過言ではないでしょう。下ってくる対向車は一台もないのです。一体何時になったら頂上へ着くのだろう思ってしまいます。

    頂上と言っても特にこれと云って何があるわけでもなく、駐車場に売店、有料の公衆トイレ、簡易郵便局等があるくらいで、途中のスカイラインをドライブするのがメインですね。しかし、ドライブをしているという雰囲気ではないです。


    ここは畳平お花畑で、散策コースがあり目的地の一つでもあります。畳平の標高は2,702mあるのです。凄い所まで来たものです。また、ここから周囲の、富士見岳や大黒岳に登る人もいて、3,000m級の山に気軽に登ることが出来ます。

    この乗鞍スカイラインは平成15年からマイカー規制が始まり、今ではタクシーかシャトルバス・観光バスのみでしか通れません。この時にはマイカー規制が始まる看板が至る所に立っていました。乗鞍スカイラインの登りでは、ゲートから山頂まで6時間以上かかりましたが、返りは乗鞍エコーラインで下り、ゲートまで15分から20分くらいで下りてきたと記憶しています。



  • 氏名:

    記事:

    <img src="../column/usrImg/usr-名前" alt="">


  • ブログに画像を挿入する際の注意!1,画像を載せたい人は、先ず、この注意欄下のフォームから画像をアップロードしてください。
    2,作成記事の中で挿入したい任意の場所にカーソルを置き、記事欄下の【最大幅画像の挿入】をクリックします。
    3,HTML構文<img src="../column/usrImg/usr-名前" alt="">が挿入されます。構文中の 名前 を、アップロードした画像ファイル名に書き換えます。スペース等を入れてはダメです。(例:atana.jpg 名前にコピペで確認できます。)
    4,他を変えてはいけません。< >内を名前以外、一箇所でも違えると正しく表示しません。
    5,画像が正しく表示されているか、送信前に上部プレビューボタンをクリックし、確認してください。


伝言板


48時間後は消す場合があります。ID:katanadachi,PW:0123

名前

伝言

の鑑定では、時代と位(格)を掴むことが大切と云われます。時代と位の鑑定に始まり、時代と位の鑑定に終わる。これが鑑識眼向上の要と云われています。
姿ほど時代を良く現しているものはありません。それで明確にならない場合は地刃を充分に考慮することです。
紋は系統の特色を現し、個々の刀工の癖や特色、技倆が現れるのです。
子は見処であり、一つの急所でもあります。技術的にも最も難しいと云われる箇所です。

刀の掴み処
『古刀期の各地域の作風の把握の基本とされるものに所謂五ヶ伝があります。
地域によっては伝法の混在したような、何伝とはっきり規定出来ない流派もかなり存在しますが、基本としては作品が五ヶ伝のどの伝法に含まれるのかを把握し、次ぎに地鉄が五ヶ伝の本国筋に多い精良なものか、それともそうでない地方作のものかを見ます。
そして本国筋なら本国筋、地方なら地方のどの流派にあてはまるかを、各流派の持つ個々の特色により特定して行くというものです。』(刀剣美術703号より)

大和国・山城国備前国備中国相模国美濃国越中国肥前国

古刀の当同然となる刀工は、昔、本阿弥家で選び定めた当同然表があって、今日に於いても大体が踏襲されています。また、鑑定刀の出来具合によっては、判者の判断により当同然の範囲を広げる場合もあります。当同然表見るか

去の投稿
2019年度の鑑定所感投稿

一般的に使われている鑑定入札用紙

鑑定会で使われる一般的な入札用紙です。入札鑑定会では5振りの刀剣の鑑定を行い、入札用紙に自分の意見を記入し判者に問います。判者はそれに対して答えを書くわけで、判者の答えが当たりになるまで、一振りにつき3回まで入札を繰り返すことができます。また、判者には入札者の刀剣に対す理解が深まるような指導が求められると思います。
因みに、得点等については鑑定入札の流派で若干の違いがありますが、第一回目で「当り」であれば20点、「当り同然」が15点で、2回以降は5点ずつ減点していく方法が多いようです。

剣美術誌上鑑定に入札応募し、全問正解して賞状と記念品を頂きましょう。
但し、高得点を得ることが鑑定入札の目的ではなく、刀を理解する上での一つの方法であることを知っておきましょう。年度を通じ全問正解すると、誌上鑑定刀入札高点位者として日本美術刀剣保存協会より賞状と粗品を頂くことが出来ます。非会員の方は入会しましょう。
ここに紹介するのは、以前頂いた賞状と粗品です。
粗品は袱紗やボールペンまた、油を拭う布など年度により変わる場合があります。

かたなだちが貰った賞状と粗品の刀拭い布刀剣協会名入りボールペン刀拭い布

の部位と名称

日本刀の各部の図説刀に使われる専門用語で、日本刀講座での会話や刀剣書籍の文中に必ず出てくる用語です。
刀のことを知ろうと勉強するには、第一には部位の名称を覚えることから始まります。
図をクリックすると部位の画像を拡大表することが出来ます。
まずは、図を見てしっかり覚え頭にたたき込みましょう。

日本美術刀剣保存協会・入会案内

入会バッジ協力団体・支部一覧日本美術刀剣保存協会への入会希望の方は、直接協会本部へ入会する場合と、各都道府県に協会の支部(協力団体)があり、其処で入会することも出来ます(各支部HP参照)。
また、支部によっては初心者のための日本刀講座を行っている所もあります。
入会方法は各支部(協力団体)により異なりますので、詳しくは直接各支部(協力団体)へ、または、支部(協力団体)ホームページでお問い合せ下さい。支部(協力団体)で入会すると、各支部独自の特典があるのでお勧めします。日本美術刀剣保存会の会員証まだ会員ではない刀好きの貴方、刀は持っていなくても大丈夫、今すぐ日本美術刀剣保存協会の協力団体(支部)に入会して、刀剣美術誌の誌上鑑定で一緒に勉強しましょう。
また、ローカルの刀剣研究会や刀剣同好会等で勉強出来る会がありますから、netで探してみましょう。

小刀製作体験教室

小刀製作の梅林刀剣鍛錬所日本刀の製作は国家試験に合格し日本刀製作許可を得た刀匠のみですが、刀のミニチュア版とでも云いますか小刀(刃長が15cm未満)なら一般の方でも大丈夫です。日本刀と同じく玉鋼を鍛錬し、焼き入れをしますが登録の必要はありません。
製作に興味のある方は梅林刀剣鍛錬所の小刀製作教室で体験が出来ます。
貴方も小刀に挑戦しては如何ですか。

刀剣審査機関

特別貴重刀剣認定書日本刀の刀剣鑑定書には様々な機関や個人が発行したものがあります。
その全てが信頼出来るかと言われれば、必ずしも可とは言えません。
鑑定する人によって意見が違う場合があるからです。

特別保存鑑定書【公益財団法人 日本美術刀剣保存協会】鑑定では、刀剣や拵え、鍔・縁頭・小柄・笄等の小道具を審査し、保存・特別保存・重要・特別重要等の鑑定書を発行しています。

正真鑑定書【NPO法人 日本刀剣保存会】鑑定では、刀剣と剣装具を審査し、銘が正しく保存状態の良いのものに、正真と優秀刀の鑑定書を発行しています。


お問い合わせ
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。