登録証のトラブル 改竄された登録証

三重県交付の登録証改竄された?銃砲刀剣類登録証登録証の初期記載ミスの場合は面倒なため敢えて再審査など手間のかかることはしたくなく、そのまま流通させていることもあるでしょう。そのまま所有者変更届出をしても分からないからです。
例えば鋒などは大変脆く、硬い物にちょっと当たっただけで先が欠けてしまいます。これで刃長は1mm位は短くなります。ところが問題になる場合があります。それは改竄された登録証です。一見しただけでは改竄されているとは分からず、その登録証が付いた刀を入手し、所有者変更届出を行うと問題が発生します。

三重県から届いた通知新規登録依頼の通知ここに掲載の登録証は、貞弘の刀の物ですが、改竄された?登録証と新規登録された登録証では記載内容は全く同じです。三重県の担当者に登録証のコピーを送って確認してもらったのですが、何が違っていたかと言うと、三重県の登録証原票では銘文が無銘となっていたのです。結局三重県側からの依頼により東京都で新規登録を行いました。審査会場では三重県から取り寄せた登録証原票と比較したのですが、原票には登録証に記載のない、刃紋・地鉄・製作時代等が載っていますが、銘文以外は何れも全て一致していました。
審査官は三重県交付の登録証を眺めながらあってるなーと言い、中心の銘もいいなーと言い、合ってると言って首を傾げていました。
三重県と東京都の担当者同士が電話で話をしていましたが、結局、東京都側で新規登録することとなったのです。

東京都交付の登録証新規登録された銃砲刀剣類登録証この一件は不思議なことです。
そもそも無銘の現代刀は登録出来ないはずであるにも関わらず三重県で登録されている事です。
刃長71.3cm・反り2.2cm、身幅の広い堂々とした刀です。中心の仕立ても立派で流石、月山の弟子と思えます。軍刀とは姿が違います。
また、中心の裏年紀は昭和庚戌年となっており、登録証交付の昭和45年と矛盾がありません。原票への記載ミスか、登録証の改竄か、或いは無銘の刀に銘を切ったのでしょうか、誰が?、貞弘は奈良県の刀工ですが登録は三重県になっている等々、疑問が残ります。

貞弘の中心銘

この所有者変更手続ですが、最初に三重県から来た連絡は平成21年11月9日で、最終的に東京都で新規登録できたのは平成22年12月7日です。その間、三重県や東京都との遣り取りでどう云う訳か1年以上の期間を要しました。

また、改竄した銃砲刀剣類登録証だけでなく、偽造したコピーの登録証もあるので注意が必要です。最近では改竄出来ないようにと登録証をラミネート加工していますが、コピーで偽造しラミネートされた登録証は発見され難くなっています。

また、登録証の記載内容と現品と異なる、登録側がミスする場合があります。
東京都では最近になって改善されてきたのでしょうか。 現物と登録証の記載内容に違いのある東京都教育委員交付の登録証の場合、教育庁に連絡すれば対応するようです。 「銃砲刀剣類登録証鑑定申請書等の送付について」を送付してきます。
その中に「基本事項がすべて一致し、銘文の記入上の誤りであったことが確認できたときは、無料で訂正の処理を行います。」とあります。

日本刀の所持のための所有者変更届出手続はこちらをご覧下さい。